保険を利用しよう|介護付有料老人ホームで素敵な老後を過ごすためには|ロゴロゴロ

自宅介護の現実

広島には、介護付有料老人ホームなどの施設を利用せずに自宅で介護を行う人がたくさんいます。ですが、ほとんどの人は自宅での介護に限界を感じ施設の利用を検討し始めるといいます。自宅での介護にはどこに負担がかかってくるのでしょうか。ランキング形式で紹介していきます。

自宅介護の負担

no.1

精神的負担

やはり精神的な負担が一番きついようです。どこまで介護が必要になってくるかにもよるようですが、痴呆をともなっていたりすると、更に精神的な負担が増えてしまうようです。

no.2

肉体的負担

次にランクインしたのが肉体的な負担です。介護している人が体力のある若い人ならまだいいのですが、年をとった夫婦同士での介護となると肉体的な負担の割合が大きくなってしまうとのことでした。

no.3

時間の負担

介護する人が働いている場合、時間の負担も大きくなるようです。フルタイムで働いているような場合であれば尚更ですね。介護の時間の確保のために転職する人もいるぐらいですから時間の負担も相当なものだといえます。

保険を利用しよう

女の人

どんな制度?

介護保険制度は国が行っている社会保障制度の一つです。2000年に定められた比較的新しい社会保障制度です。40歳以上の人が定められた介護保険料を納めることで、介護が必要になったときに一部の費用負担で介護を受けられるようになります。

受けるにはどうしたらいいの?

介護保険制度のサービスを受けるためには各自治体にて要介護認定が必要になってきます。介護の必要性やどの程度の介護が必要なのかを見極めて認定してもらう必要があるということですね。広島の介護付有料老人ホームの利用などにも適用されるので、利用を考えている人は申し込むようにしましょう。

広告募集中