詳細が知りたい|介護付有料老人ホームで素敵な老後を過ごすためには|ロゴロゴロ

詳細が知りたい

男女

介護付有料老人ホームとは

有料の老人ホームには「介護付有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」といった3つのタイプがあります。介護付有料老人ホームはそんな有料老人ホームの一つで、それぞれの自治体から「特定施設入居者生活介護」の認定を受けた施設になります。

特定施設入居者生活介護とは

「特定施設入居者生活介護」は介護を必要としている入居者に対して、入浴や食事などに伴う介護、また、老化による体の機能低下を防止する事を目的とした機能訓練などを行う施設のことをいいます。この「特定施設入居者生活介護」は各都道府県の知事から認定してもらうことができます。この認定を受けていないと入居者の募集を行う際に使用する施設紹介のパンフレットなどに「介護つき」や「ケアつき」という表記を行うことができなくなってしまいます。

24時間介護サービスが受けられる

広島の介護付有料老人ホームでは24時間介護サービスを受けることが可能です。介護付有料老人ホームには介護を行うスタッフが常駐していて、それらのスタッフが食事や入浴などの介護を受け持ってくれます。また、医療機関と連携して入居者の体調管理も行ってくれ、万が一何かあったときのための体制も整っています。

種類について

介護付有料老人ホームには「介護専用型」と「混合型」の2つの種類があります。介護専用型は手厚い介護が必要となる要介護1以上の人を対象とした施設となっています。そのため、自立ができるような人は対象とならず入居することができません。もう一つの混合型の方は65歳以上であれば健康で自立できるような人でも入居することができる介護施設になっています。

広告募集中